社会不適合ママえぬこの日常

元不登校、社会不適合者がそこそこ楽しく生きるための方法をゆるゆる模索するブログ。

【レディース】アラサーの私が本気で探したシンプルでオシャレな時計屋3選【防水】

こんにちは!

えぬこです。

 

子育てをしながら会社員をしているワーママです。

 

私は物持ちがよく、

19歳の誕生日にもらった時計を25歳まで使用し、

その後雑貨屋で購入した1500円の時計を3年間使用しています。

 

1500円の時計なので、

3年間も使用することを想定して作られていません。

つまり、現在めちゃくちゃボロボロです。

 

いい加減買い換えたいと数か月前から探し、

候補をいくつかしぼりました。

ボーナスも入り、年末ということで

自分へのご褒美に購入したいです。

今回の記事では、私の探している条件にぴったりな

時計屋さんを3つご紹介したいと思います。

 

私のように自分へのご褒美を探している方や、

パートナーへのクリスマスプレゼントを探している方の

参考になればうれしいです。

 

f:id:enuko_futekigou:20211213001504p:plain

 

【 私が欲しい時計の条件 】

 

  • アラサーに似合うシンプルでオシャレなデザイン
  • 生活防水(3atm以上※)
  • 予算1~3万円程度

 

※防水3atmとは、日常生活やにわか雨などに耐えられる程度の防水機能のこと

 

 

〈アラサーにオススメ!時計屋1つめ〉

 

【クルース 日本公式ストア】

 

ヨーロッパでは知名度と人気が非常に高いブランドで、

本国インスタグラムもフォロワーが84万人以上いるそうです。

 

20代から30代をメインターゲットにしており、

アラサーがシンプルかつオシャレに着用できるデザインがそろってます。

 

防水機能が備わっている商品も多く、

私が気になった商品は3atmか5atm※のどちらかでした。

 

(※5atmとは水仕事に耐えられる程度の防水機能)

 

又、お値段が1万円円台~と、ブランド時計にしては

とってもお手頃価格なのが嬉しいポイント。

 

 

〈アラサーにオススメ!時計屋2つめ〉

 

北欧のシンプルとミニマリズムの腕時計【nordgreen】 

 

全商品デンマークのデザイナーさんがデザインしており、

シンプルでミニマルなデザインが特徴的です。

 

かなり積極的にサステブルな取り組みを行っているブランドで、

腕時計の箱は、ほぼ100%リサイクル素材を使用していたり、

教育、環境、健康の3つの慈善団体に料金の一部を寄付することが可能だそう。

 

料金は2万円~3万円台が主流で、

防水機能としては、3atmの物が多いと感じました。

 

 

〈アラサーにオススメ!時計屋3つめ〉

 

今話題の人気ドラマで芸能人が着用中の時計が多数ラインナップ!【bstyle.store】公式オンラインストア

 

世界中のユニークなファッションウォッチを扱うセレクトショップです。

複数のブランドを扱っている為、好みのデザインを見つけやすいです。

 

又、各ブランドの正規代理店が運営するショップの為、

アフターサービスも安心して利用できるそうです。

 

料金は1万円台~3万円台が主流。

防水機能は、非防水のものから10atm※のものまでありました。

 

(※10atmとは、静止状態で水に浸かっても耐えられる程度)

 

 

以上が、

アラサーの私が本気で探したシンプルでオシャレな時計屋3選でした。

 

いまだに一つの商品に絞れず悩んでおります。

10年間使うことを目標に選びたいので、

ここからさらに厳選したいと思います。

 

この記事が、少しでも参考になればうれしいです。

 

えぬこ

 

 

友達が少ない人生は寂しいのか?社会不適合者が考える

こんにちは。

えぬこです。

 

不登校で社会不適合者のワーママです。

他者と深くかかわることが苦手で、友達が少ないです。

 

今日は、

友達が少ない人生は寂しいのか?ということについて、

お話していきます。

 

f:id:enuko_futekigou:20211212003954p:plain

 

【 友達が少ないことは悪いこと? 】

 

我々は幼い頃から

「人と仲良くすること」「友達をたくさんつくること」

が正義だと教えられてきました。

 

しかし、学校は同じ年齢の子供たちが集められただけの集団ですし、

職場は年齢や生まれまで異なった人たちです。

 

趣味や性格がピタリと合う人に出会えることのほうが奇跡です。

長い人生の中で、

一人でも“長く付き合える友達”が出来たら素晴らしいと私は思います。

 

そもそも“友達”の定義はとても曖昧で、

どこまでが“知人”でどこからが“友人”なのか。

人によって異なる定義があると思います。

 

形のない曖昧なものになのに、

「多いことはいいこと」「少ないことは悪いこと」

と教えられていることが間違いだと思います。

 

【 無理な人付き合いは幸福度を下げる 】

 

私は中学生の頃、周りからの評価を気にして

「一人になりたくない」や「カーストを落としたくない」

などの理由で、かなり無理をしていました。

 

その結果、

いつ仲間外れにされるかわからない集団に身を置いていた為、

人間関係に神経をすり減らし、

毎日ビクビクして過ごしていました。

(以下の記事でも当時の状況をお話しているのでよかったらご覧ください。)

【なぜ?】明るかった私が不登校になった理由【前編】 - 社会不適合ママえぬこの日常

 

無理をして人と付き合うことは

悩みを増やすことに繋がりますし、疲れます。

「学校は勉強をしにいくところ」

「職場は仕事をしにいくところ」と割り切って、

人間関係で悩まないことが一番いいです。

 

【 自分の価値を他人に求めない 】

 

カーストが上位の人と一緒にいること」や

「友達が多いこと」を自分の価値にしないでください。

 

“他人”という自分ではどうすることも出来ないものに対して、

“自分”の価値を求めてしまうと、

自分ではコントロールできないものに

必死にしがみつくことになってしまいます。

 

【 今あるものを大切に 】

 

もし今心を開いている大事な友達がいるのならば、

その人を大切にしてください。

家族、恋人、友人、

数の多さではなく、

自分が今大事だと感じているものを大事にしてください。

 

一人でも、

絶対的な自分の味方がいたら超強いです。

 

 

【 友達がいない人生は寂しいのか? 】

 

結論としては、

友達がいなくても寂しいと思わない人生を送ることが大事。

 

他人に自分の価値を見出さず、

今あるものを大切にすることが大事です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

私自身、無理な人付き合いをやめてから、

人生がとても楽になりました。

現在いる、気の合う友達や家族を大事にして

過ごしていきたいと思います。

 

この記事が、

現在人間関係で悩んでいる方の参考に

少しでもなればうれしいです。

 

えぬこ

 

日本人は働きすぎ!フルタイムで働くことで失うもの

こんにちは!

えぬこです。

 

子育てをしながらフルタイムで働く

ワーママです。

 

今日は、

フルタイムで働くことで失うものについてお話していきます。

 

・・・そうです。

これは最近仕事が忙しすぎて、

毎日朝が来るのが憂鬱になっている私が、

自分のストレス発散のために書く記事です。

 

決して「みんなで仕事やめようぜ」という記事ではなく、

共感していただき「明日からまたがんばろう!」と

一緒に思うことが出来たらうれしいです。

 

〔補足〕

フルタイム勤務とは、

会社が定めている勤務時間の最初から最後まで働くことを言います。

 

 

f:id:enuko_futekigou:20211210002318p:plain

 

 

【 フルタイムで働くことで失うもの 】

  1. 趣味の時間
  2. 睡眠
  3. 家族との時間

 

〈1、趣味の時間を失う〉

 

先月発売になったポケモンのゲームを予約して購入したのに、

私も旦那もまだ全く手をつけておりません。つらい。

見たい映画やドラマ、アニメなども見る時間がなく、

見たかったことすら忘れてしまうこともあります。

 

又、筋トレやストレッチがしたいのに、

帰宅後時間に追われてあっという間に日付をまたいでしまい、

出来ずに毎日が過ぎていきます。(言い訳じゃないよ!)

 

生きるために仕事をしているのに、

何のために生きているのかわからない生活になってしまう危険性があります。

 

〈2、睡眠時間が足りない〉

 

私は毎日5時間寝る事を目標にしています。

5時間って目標にするべき睡眠時間ではないですよね。

本当は8時間寝たい・・・。

 

でも、せめて5時間は・・・!と思い、

目標にしております。

 

朝は眠いですし、身体も重い。

仕事中も抗えない睡魔に襲われることが日常茶飯事です。

 

お昼ご飯後はもちろん、

午前中から眠くてボーっとしてしまうことも多いです。

本当に良くない。

 

どうしたら8時間睡眠をとれるかを考えると、

“仕事をやめる”という方法しか浮かばないのですが・・・。

 

〈3、家族との時間がとれない〉

 

子供との時間がとれないことはもちろんですが、

我が家は旦那と私の休みが合わず、

家族で出かけることが難しいです。

 

たまに有給を使いお互い休みを合わせて、

家族で遠出をすることがありますが、

基本的には、夜少し顔を合わせて次の日は

私が起きる前に旦那が家をでてしまいます。

 

家族みんなでのんびり過ごす時間がなかなかとれずに、

子供には申し訳ない気持ちになりますし、

私自身も寂しいです。

 

 

以上、フルタイムで働くことで失うものでした。

 

 

色々マイナスなことをお話しましたが、

最後は前向きに締めます。

 

 

フルタイムで仕事をしていると、

  1. 趣味の時間はとれないけど、趣味に使うお金は増える!
  2. 睡眠時間は削られるけど、おふとんはやっぱり気持ちいい!
  3. 家族との時間を貴重なものだと思えて、大切にできる!

 

いかがでしたでしょうか。

最近仕事で疲れすぎて、弱音を吐きたくなってしまいました。

ご清聴感謝します。

 

マイナスな発言をしてしまったので、

最後はプラス発言で締めました。

これでチャラになります。

 

明日は金曜日!

カレンダー通りのお休みの方は1週間お疲れ様でした。

あと1日、一緒に頑張りましょう。

 

土日お仕事の方は、毎日お仕事大変お疲れ様です。

次のお休みを目標に頑張りましょう。

いつも土日祝日休まず働いている方がいるおかげで、

私たちの生活は成り立っています。

本当にありがとうございます。

 

休めるタイミングで、

少しでも休んで自分を大切にしてくださいね。

 

 

えぬこ

 

 

【体験談】不登校を脱して社会復帰がしたいと思ったきっかけをお話します【中学生】

こんにちは。

えぬこです。

 

中学2年生から卒業まで不登校で、

現在は子育てをしながら会社員をしているワーママです。

 

今日は、私が「不登校を脱して社会復帰がしたい

と思った出来事をお話します。

(社会復帰までの道のりを書いた記事もよかったらご覧ください。)

【体験談】不登校から社会復帰するまでの道のり - 社会不適合ママえぬこの日常

 

 

私は不登校時代、

毎日のようにパソコンを開き、

掲示板を見たり動画サイトを漁ったり、

ネットゲームをしていました。

 

f:id:enuko_futekigou:20211208002140j:plain

 

同じ境遇や趣味の友人と、

オンラインでゲームをしたりチャットをすることもあれば、

実際にオフ会で遊んだこともあります。

 

そんな中で知り合った一人の女の子(以下A子)。

趣味も同じで家も近く、お互い不登校だった為、

たびたび遊ぶようになりました。

 

A子は自傷行為をしており、

“オススメのかみそり”を勧めてきたり、

「家に帰りたくない」と言って、

深夜まで一緒にいることもありました。

今考えると、私の母親の中では

“関わってほしくない友人”だったのではないかと思います。

 

A子は私の一つ年上で、

私が中学2年生、彼女が3年生のときに出会い、

次の年に単位制の高校に入学しました。

 

私は中学3年生で不登校

A子は単位制高校の1年生。

 

高校に入学し周りの人に影響されたのか、

タバコを吸うようになり原付に乗るようになりました。

 

相変わらず

「切っちゃった・・・。」などの連絡も来るし、

「家出してきた。今えぬこちゃんの家の近くにいる」と

急に連絡がきて、近くのファミレスで一緒に時間をつぶすこともありました。

 

お互い中学生だったときは、

共感できる部分もあり一緒にいて安心できたり、

家庭環境の良くない彼女の助けになりたいと思い、

彼女が甘えてくることを受け入れていました。

 

しかし、A子は年上で高校生。

当時中学3年生だった私はこう思ったのです。

 

「高校生にもなって、まだそんなことしてるの?」

 

自分より年上のA子が、

反抗的なことをしていわゆる“グレている”状態なことや、

わざわざ他人に自傷行為の報告をしていることを

自傷行為自体は否定しません)

当時の私は冷めた目で見てしまったのです。

 

書いていて、

当時の自分冷たいな・・・と改めて思いましたが、

「こうはなりたくないな」と判断した自分のことを

ほめてあげたいとも思います。

 

そのほかにも、

義務教育中は守られているが、

高校生になったら自分でがんばらないといけないプレッシャーや、

“自分でも行ける高校がある”ということを知ることが出来、

まともな未来を想像できるようになったことなど、

「社会復帰のきっかけ」はたくさんありました。

 

しかし、A子の存在が「まともになりたい」と思う

大きなきっかけになったことは間違いないでしょう。

 

その後、A子とは自然と疎遠になり連絡を取ることはなくなりました。

 

いかがでしたでしょうか。

本日は、不登校を脱して社会復帰がしたいと感じた出来事の

お話をさせていただきました。

 

冷たく聞こえるかもしれませんが、

“友人を選ぶ”

“身の置き場所を選択する”ということも

社会復帰するためには大事だと感じております。

 

この記事が、少しでも参考になればうれしいです。

 

えぬこ

 

 

今日から使える!他人の言葉に傷つかない為に知っておきたい3つの方法

こんにちは!

えぬこです。

 

不登校で、現在は子育てをしながら会社員をしております。

 

本日は、

チクチクした言葉を使う人への対処法について考えていきたいと思います。

 

会社や学校など、

身近に言葉がチクチクしている人はいませんか?

 

罵倒するわけでも、明らかに酷い言葉を行ってくるわけではないけど

なんだかすこしチクチクしている人。

ジリジリと心を削る発言をしてくる人。

なんだかちょっとイラッとさせる発言をしてくる人。

 

私の職場にはいます。

 

最初の頃は悪気があっての発言なのか、

無意識に発している言葉なのか分からず数か月間探ってみました。

 

たぶん、この人は悪気がない。(と思う)

 

もし悪意があるならば、こっちも悪意を持って返したい(?)

しかし、相手は悪意がない。

こっちだけ心を消費していてももったいないので、

チクチク言葉を使う人への対処方法を考えてみました。

 

f:id:enuko_futekigou:20211207000742p:plain

 

  1. 発言の深意を考えない
  2. めちゃくちゃ笑顔で対応してみる
  3. 愚痴を言い共感してもらい発散する

 

〈1、発言の深意を考えない〉

他人の気持ちは、どれだけ推測しても

推測の域を出ることはありません。

つまり、相手の本当の気持ちを知る方法なんて

存在しないということです。

考えてもわからないことは考えないほうがいいです。

悩んでもお金にならないことでは悩まないようにしましょう。

 

〈2、めちゃくちゃ笑顔で対応してみる

相手は悪気なく発した言葉だとすると、

“笑顔で対応してくれる人”といういい印象が付きますし、

もし悪意のある発言だとすると、

「悪意ある発言をしても反応がなくてつまらないな」

もしくは、

「え、こわ」

と思ってくれそうです。

悪意がある相手には、

いじめがいがないなと思わせたら勝ちです。

 

〈3、愚痴を言い共感してもらい発散する〉

共感してくれそうな相手に愚痴を話し、

共感してもらうことで気持ちを落ち着かせましょう。

 

“悪口”ではなく“愚痴”というのがポイントです。

「ウザイ」「ムカツク」などの、

聞いていて不快になる発言は悪口です。

悪口はいわば、ストレスの嘔吐です。

他人の嘔吐を見て不快にならない人は少ないです。

よっぽど仲のいい友人ぐらいでしょう。

 

「こういう発言をされて傷ついた」や

「言葉が鋭くて苦手」などの愚痴を話しましょう。

共感されることで、

自分の気持ちを肯定してもらうことができ、

気持ちが落ち着きます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今日からでも出来る簡単な(?)方法を

3つ考えてみました。

 

私自身本日、

チクチクさんの発言に心が削られることがあったので、

対策を考えてみようと思い、今回の記事を書きました。

 

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

 

多分、そいつ今ごろパフェとか食ってるよ精神で、

他人の発言に悩まずに生きていきたいです。

 

「私の人生の席っていうか、

そこに座っていない人間に私のこころをどうこうされたくないのよね」

呪術廻戦の釘崎野薔薇ちゃんのセリフです。

 

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

私自身アラサーになっても、

他人の言葉でウジウジしてしまうことがあります。

強くなることは難しいけど

気持ちの逃がし方を知っておくと、

人生を少しでも楽しくすることへのヒントになります。

 

この記事が、少しでも参考になればうれしいです。

 

えぬこ

 

好きなものが生きる理由になる【自分の価値とは】

こんにちは。

えぬこです。

 

本日は、

好きなものが生きる理由になる

というお話をします。

 

f:id:enuko_futekigou:20211206003023j:plain

 

私は中学2年生の2学期から卒業までの

約1年半不登校でした。

 

当時は毎日のように、

“消えたい”と思っていました。

 

皆は毎日学校や仕事に行き頑張っているというのに、

自分は何もできていないという劣等感や、

将来への不安などから生きていることが辛かったです。

【体験談】不登校になり引きこもった私に起こった3つの変化 - 社会不適合ママえぬこの日常

 

そもそも生きる理由とは何でしょう?

現在、私はこう思います。

 

「生まれてきたから」

 

それ以上でもそれ以下でもなく、

生まれてきたから生きている

ただそれだけだと思っておりますが、

これは決してマイナスな意味ではないです。

 

毎日消えたかった当時の私が思っていたこと、

それは「なんで生まれてきたの?

自分なんて生きている価値もないのに。

 

ですが、考えてみてください。

生きる理由はただ一つ「生まれてきたから」です。

 

「自分の価値」や「生きる理由」なんて

なくて当然なのです。

 

しかし、目に見えないものほど明確なものが欲しくて、

「自分の価値」や「生きる理由」を探したくなります。

明確なものがあると安心するからです。

なくて当然なものを探そうとするから、

見つからずに落ち込んだり傷ついたりします。

 

ゲームやマンガ、映画やアイドルなどなんでもいいのです。

「好きなもの」が生きる理由になります。

 

昔、爆笑問題太田光さんが、

「好きなものが出来るということは

好きなものを好きな自分を好きになること」

という発言をしていました。

(言葉の選び方は違うけどニュアンス的にはこんな発言)

 

明日好きなマンガの発売日だ

と思えば明日まで生きる理由になりますし、

来月から好きな映画が公開される

と思えば来月まで生きる理由になります。

 

小さい理由の積み重ねが生きていく理由になります。

他人から見たら、くだらないことでいいのです。

くだらないことの積み重ねで一日一日生き延びて、

気づいたら大切なものが増えて、

生きる理由が両手で収まらないぐらいになれば最高です。

 

先日、amazonPrimeで「12人の死 にたい子供たち」を見ました。

(PrimeはいつもFire Stickにつないでテレビで見てます↓)

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

 

理由はそれぞれなのですが、

12人のしにたいと考えている若者たちが

集団でしのうとするところから物語は始まります。

 

ここから少しネタバレになります。

結果的に、12人全員踏みとどまるのですが、

「え?そんな理由で踏みとどまるの?」

「ここまでの物語なんだったの?」と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、ほんの些細な出来事やたった一人の存在が、

生きる理由になっていくのだと思います。

 

(監督が好きな人だったということと、

橋本環奈ちゃん目当てで見た映画でしたが見て良かった作品でした。)

 

以上が、

「好きなものは生きる理由になる」というお話でした。

 

繊細な人ほど生きにくい世の中ですが、

好きなもののために明日も生き抜きましょう。

 

(大好きなケーキ屋さんでクリスマスケーキを予約しました。

そのケーキを楽しみに明日も生きます)

 

えぬこ

 

人生ごと温める。温活といえば【アルポカ】

 

学校嫌いが親になるとモンスターペアレントになる?元不登校ママが考える

こんにちは。

えぬこです。

不登校で現在は4歳の子のママです。

 

3日間程ブログの更新が出来ておりませんでした。

なぜかというと、家族旅行に行っていた為です。

 

貴重な有給を消費して夢の国へ行ってまいりました。

 

現実に戻るのがとても辛いのですが、

「現実があるから非現実が楽しい」

という気持ちをモチベーションにして、

また来週からお仕事がんばりたいと思います。

(ソアリン初めて乗ったのですが、

感動してボロ泣きでした。)

 

 

本題にはいります。

うちの子は現在4歳。

約2年後には小学生になります。

 

私は学校(義務教育)に、

あまりいい思い出ない為、正直

”わが子が学校へ通うこと”に抵抗があります。

 

だからといって、

不登校は不幸じゃない!」とは言いませんし、

「宿題をするのがいやだから学校に行かない。」

なんて子供が言ったら普通に怒りますが。

(話はじっくり聞くけどね)

 

不登校は不幸じゃない!/

f:id:enuko_futekigou:20211204231838p:plain

私が学校嫌いで、

学校の先生への不信感がある為、

自分が“モンスターペアレント”に

なってしまうのではないかという不安があります。

 

どこからがモンスターペアレントになるのか?

過保護になってしまうのか?

線引きがとても難しいです。

 

f:id:enuko_futekigou:20211205000733p:plain

 

モンスターペアレントになってしまうかもしれない私が、

学校に対して不安や不満を感じそうな点は主に以下の3つです。

 

  • 理不尽な校則
  • 理不尽な採点
  • 理不尽な指導

 

大人は理不尽な生き物だということを

嫌というほど教えられた義務教育時代。

 

「先生ガチャ」や「担任ガチャ」という言葉があるそうです。

私がハズレをひいてしまうことが多かっただけなのか、

学校の先生という職業の人に多いのかはわかりませんが、

大人になった今考えると、

「あれ、理不尽だったな」や

「当時の自分可哀想すぎるな」と思うような出来事が多くありました。

学校の先生たちによって私は、

大人って信用できないな」という気持ちが育っていったように感じます。

 

もし、子供の担任が理不尽なことをいう人だったり、

学校の校則が理解できないものだったとき、

子供の年齢や子供の気持ちにもよりますが、

私は先生や学校側に

「納得が出来ない」ことを伝えると思います。

 

「学校が好きな人が学校の先生になるから

学校が嫌いな子の気持ちが理解できない」

という話を聞いたことがあります。

先生側の視点で考えると、

学校へ不信感を抱く親の気持ちは全く理解できないかもしれません。

 

ですが当時学校が嫌いだった人間からすると、

自分の子供が学校へ通うにあたり、

学校への不信感を抱くのは当たり前のように感じます。

 

もしかすると、モンスターペアレントになってしまう人には

「学校が嫌い」という気持ちや

学校や先生という場所への不信感が根本にあるのかもしれません。

 

えぬこ