社会不適合ママえぬこの日常

元不登校、社会不適合者がそこそこ楽しく生きるための方法をゆるゆる模索するブログ。

【生き抜く方法】社会不適合者でも社会人やってます

 

こんにちは

えぬこです。

フルタイムで会社員をしながら

4歳の女の子のママをやっております。

現在も娘を寝かしつけたあと、うとうとしながら

ブログを書いています。ねむい

 

f:id:enuko_futekigou:20211026001129p:plain

 

突然ですが、私は

社会不適合者です(と自認しております)。

 

集団が苦手、感情の起伏が激しい、

人の目を気にしすぎる・・・など

社会に適していないなー

と思う理由はたくさんありますが、

今回は明るい話がしたいので!

 

そんな私が、

極力前向きに生きるためにやっていること

を1つ紹介したいと思います。

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

「あ、こうすればすこしは気持ちが楽になるかな」

と思っていただければとてもうれしいです。

今日は諸事情によりとても短いので(ねむい)

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

私が、極力前向きに生きるためにやっていることのひとつ

それは、

後ろ向きな考えをしてしまったときは、必ず訂正をする

ということです。

 

たとえば、やりたくない仕事がはいっている日や、

苦手な人と会う日など、

「面倒くさいなぁ行きたくないなぁ」

と脳内でつぶやいてしまうことがあると思います。

 

そんなとき私は、

「うそ!」や「なんてね」と後ろ向きな発言を訂正する言葉を続けます。

 

そしてその後に、

「成長できるチャンスだ!」

「やりきったらハーゲンダッツ買って帰ろ」

などと前向きな言葉にすり替えたり、

いやなことが終わった後の楽しいことを考えます。

 

人は、「いやだなー」と思ってしまうと、

本来の能力が発揮できなくなってしまうことがあるそうです。

 

つまり、

後ろ向きな発言をしてしまうと、

気持ちが落ち込むだけではなく、

パフォーマンスが落ちてしまうということですね。

 

後ろ向きな気持ちになるときは誰でもあります。

大事なのは、そのあと。

 

出来事は変えられなくても、

気持ちは自分で変えることができます。

 

少しの行動で、

明るく楽しく過ごせるなら

絶対そのほうがいいですよね。

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事が、

毎日後ろ向きな考えをしてしまいつらい

と考えている人の、

少しでも参考になればうれしいです。

 

えぬこ

 

楽天Amazon1位!Youtuberも絶賛の大トロ牛たん、お肉のお取り寄せグルメ【伊達のくら】