社会不適合ママえぬこの日常

元不登校、社会不適合者がそこそこ楽しく生きるための方法をゆるゆる模索するブログ。

【自己肯定感】コンプレックスとどう向き合うか【自分を好きになりたい】

こんにちは!

えぬこです。

 

不登校で、現在は4歳の女の子ママをしながら

フルタイムで会社員をしております。

 

私が長年悩んでいることの一つが、

自分に自信がない」ということです。

 

コンプレックスが山ほどあり、

鏡を見て絶望するときもありますし、

自分に自信がないことが原因で、

行動する勇気が出ず、後悔した経験もあります。

 

  • 人から悪い評価をうけた経験がある
  • 人に裏切られた経験がある
  • 人と比較して自分に自信がもてなくなった

 

など、原因は色々ありますが、

現在はできるだけ前向きにコンプレックスと向き合い、

自分のことを好きになれるよう努力をしています。

 

今回は、私が実際に行っている

コンプレックスとの向き合い方

をご紹介します。

毎度のことながら完全に私の自分論になりますので、

一つの参考として

ぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

f:id:enuko_futekigou:20211103235349j:plain

 

【◇コンプレックスは受け入れるか、なおすかの二択】

コンプレックスには

  • 自分の努力次第で改善できるもの
  • 自力では難しいがお金をかけることで改善できるもの
  • 何をしても改善が難しいもの

に分かれる思います。

 

例えば、「足が太いこと」に悩んでいるのであれば、

マッサージをしたり食生活を見直することで

改善する可能性があると思います。

(原因にもよりますが)

 

よって、「足が太い」という悩みは

「自分の努力次第で改善できるもの」に含まれると思います。

 

このように、コンプレックスによって向き合い方が異なり、

正しい向き合い方をしてあげることで

気持ちが軽くなると考えております。

 

次に、コンプレックスの種類別に

向き合い方を紹介していきます。

 

【◇自分の努力次第で改善できるもの】

これについては、もうこれしかないですよね。

根性論になってしまうのですが

努力をするということです。

 

理想としては、

「最終目標」と「少し努力すれば達成できる目標」を

それぞれ設定して、

「少し努力すれば達成できる目標」をコツコツとクリアできたら

素晴らしいです。

 

目標を達成できたことにより自信がつきますし、

気持ちが前向きになり、

自分を好きになるきっかけになると思います。

 

【◇自力では難しいがお金をかけることで改善できるもの】

すぐに思いつくものだと、

「一重で悩んでいるから二重整形がしたい」

「ムダ毛が多いことが悩みで脱毛がしたい」

などだと思います。

 

これについては

コンプレックスを解消したことによるメリットが

コンプレックスを解消するためにかかる金額を上回っているか

を考えてください。

 

つまり、

それだけのお金を出しても解消させたいコンプレックスなのか

ということです。

 

もし、「お金がかかっても絶対に解消させたい!」

と思ったのであれば、

絶対に解消させたほうがいい!と思います。

 

現在、仕事で収入を得ている方であれば、

それが仕事をがんばるモチベーションにつながります。

現在、学生さんなどで収入を得ていない方であれば、

今後、収入を得てこのためにお金を使う

というモチベーションにつながります。

 

実際私は、

二重整形と、全身脱毛の経験がありますが、

やってよかったという気持ちしかないです。

(自分の外見を少しでも好きになれると、

自分に自信を持てるきっかけになります。)

 

【◇何をしても改善が難しいもの】

思いつくものだと、

「身長」や「年齢」などでしょうか。

あとは、生まれ持った体質なども当てはまるかもしれません。

 

これについては

「受け入れる」の一択です。

 

なぜなら、悩んだところで意味がないからです。

きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、

悩んだところで、

ただツライ時間を過ごすことになり、

時間がもったいないからです。

 

「コンプレックスだと思っていたところを

好きな人に好きといってもらえた。」

などという劇的な出来事が起こらない限り、

急に受け入れることは難しいかもしれません。

 

しかし、悩んだところで意味がないということを意識するだけで

悩む時間が短くなったり、

悩むことすらなくなることもあると思います。

 

自分の努力で変えられないことは悩まない

ということは生きていく上で、

かなり大事なことだと思います。

「自分の力で解決できること」か

「自分にはどうしようもないこと」かを

悩んだときの指針にして、

自分で自分の問題を解決することできたら最強です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、私が実際におこなっている

コンプレックスとの向き合い方です。

 

私もまだまだコンプレックスがたくさんありますが、

コンプレックスを上でご紹介した3つの分類に分けて

向き合うようにしています。

(今は、たぷたぷの下腹部をなんとかしたい!

努力します!明日から・・・)

 

少しでもコンプレックスで悩む時間が減り、

自分を好きになるきっかけになれば

とてもうれしいです。

 

えぬこ